そもそも、何のために「お金」を増やしたいのですか?

銀行や郵便局に預けていても雀の涙ほどの利息しか受け取れないからですか?
それとも、将来自分の老後の支えとなる予定の公的年金があてにならないからですか?

誰でも「お金は増やしたい」と思っています。

ただ、目的を持たずに金融機関(銀行、保険会社、証券会社等)に相談し商品を購入するだけでは、運用の結果が望む方向に進むかどうかはわかりません。

それでは、どんなことに気を付ければ自分の望む資産運用の成果を手に入れることができるのでしょうか?

そこで、今回は資産運用を始めたいと思っている人が、目標の運用結果に近付くために、最低限知っておきたい3つのキーワードについてお伝えしていきます。

資産運用の3つの方法

資産運用の方法には大きくわけて、

『貯蓄』
『投機』
『投資』

の3つがあります。

それぞれの意味を確認してみましょう。

方法1 貯蓄

『貯蓄』は元本が保証され、増やすことよりも貯める要素の強い運用方法です。

コツコツ貯めることで元本は増えていきます。
ですが、低金利が続いている現在においては、どこの金融機関に預けていても大きな利息を期待することは困難です。

方法2 投機

『投機』は元本が保証されず、貯めることよりも今ある資産を大きく増やすことを目的とする運用方法です。

資産が大きく増える可能性がある半面、資産を大きく減らす可能性も秘めた商品選択になります。
主な運用手段としては株取引やFX、ギャンブル、宝くじなどがこれにあたります。

狙い通りにいった場合は大きな利益が期待できます。
しかし、そうならなかった場合には投資元本を大きく減らす可能性もあります。

方法3 投資

『投資』は元本が保証されないことは「投機」と同じですが、資産を大きく増やすことよりも、計画的に増やすことを目的とした運用方法です。

過去のデータを基に期待できる利回りをあらかじめ定め、時間をかけて資産を増やしていきます。
達成までにかかる「期間」を設定し、目標金額に近付けるように資産を運用します。

資産運用の3つの方法 まとめ

元本保証のある「貯蓄」と元本保証のない「投機」「投資」に分かれます。

一発勝負で大きく増やすのか、リスクを受け入れながら資産を計画的に増やすのか、
そもそもリスクは取りたくないのか・・・。

「リスクは取りたくないけれども、資産は大きく増やしたい」

というのが本音かも知れませんが、残念ながらそのような運用方法はありません。

現実を受け入れて、

「資産を増やす目的」
「目標金額」

などが明確になると、どの運用方法を自分が選ぶべきなのかがわかります。

お金を増やしたいのであれば、「増やす方法」を具体的に知っておかなければ行動に移すこともできません。

今回の記事を参考に「資産運用」に興味を持って次の行動へとつなげていってください

おすすめの記事